桜木星子の…タワゴト

All about「宝塚ファン」ガイド・桜木星子のブログです

宝塚歌劇★2016年4月の新譜

宝塚歌劇★2016年4月の新譜

2016年4月に発売された宝塚歌劇のDVD、ブルーレイ、CDなどをご紹介します。ご自宅で宝塚をお楽しみ下さい。

 

■CD 雪組大劇場公演『るろうに剣心』

主な出演者
雪組早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗・彩風咲奈・彩凪翔・鳳翔大・梨花ますみ・奏乃はると
【専科】夏美よう・美城れん

価格: ¥4,980 発売日:2016年4月28日

f:id:seiko_sakuragi:20160423191106j:plain

 

■DVD 雪組大劇場公演『るろうに剣心』

主な出演者
雪組早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗・彩風咲奈・彩凪翔・鳳翔大・梨花ますみ・奏乃はると
【専科】夏美よう・美城れん

価格: ¥8,640 発売日:2016年4月28日

f:id:seiko_sakuragi:20160423191046j:plain

 

■ブルーレイ 雪組大劇場公演『るろうに剣心』

主な出演者
雪組早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗・彩風咲奈・彩凪翔・鳳翔大・梨花ますみ・奏乃はると
【専科】夏美よう・美城れん

価格: ¥10,800 発売日:2016年4月28日

f:id:seiko_sakuragi:20160423191023j:plain

 

■DVD 『タカラヅカスペシャル2015』

主な出演者
【専科】 轟悠・華形ひかる・星条海斗・沙央くらま
月組】 龍真咲・光月るう・凪七瑠海・美弥るりか・宇月颯・紫門ゆりや・煌月爽矢・珠城りょう・早乙女わかば・愛希れいか・朝美絢・海乃美月・暁千星
雪組早霧せいな・鳳翔大・大湖せしる・望海風斗・蓮城まこと・香綾しずる・彩凪翔・彩風咲奈・星乃あんり・月城かなと・咲妃みゆ・永久輝せあ
星組】 北翔海莉・十輝いりす・紅ゆずる・壱城あずさ・七海ひろき・天寿光希・音波みのり・十碧れいや・麻央侑希・礼真琴・妃海風・綺咲愛里
宙組朝夏まなと・純矢ちとせ・澄輝さやと・真風涼帆・愛月ひかる・蒼羽りく・実咲凜音・桜木みなと・伶美 うらら
星組(コーラス)】 真彩希帆・小桜ほのか・遥斗勇帆・七星美妃・天彩峰里・極美慎

価格: ¥8,640 発売日:2016年4月25日

f:id:seiko_sakuragi:20160423190947j:plain

 

■ブルーレイ『タカラヅカスペシャル2015』

主な出演者
【専科】 轟悠・華形ひかる・星条海斗・沙央くらま
月組】 龍真咲・光月るう・凪七瑠海・美弥るりか・宇月颯・紫門ゆりや・煌月爽矢・珠城りょう・早乙女わかば・愛希れいか・朝美絢・海乃美月・暁千星
雪組早霧せいな・鳳翔大・大湖せしる・望海風斗・蓮城まこと・香綾しずる・彩凪翔・彩風咲奈・星乃あんり・月城かなと・咲妃みゆ・永久輝せあ
星組】 北翔海莉・十輝いりす・紅ゆずる・壱城あずさ・七海ひろき・天寿光希・音波みのり・十碧れいや・麻央侑希・礼真琴・妃海風・綺咲愛里
宙組朝夏まなと・純矢ちとせ・澄輝さやと・真風涼帆・愛月ひかる・蒼羽りく・実咲凜音・桜木みなと・伶美 うらら
星組(コーラス)】 真彩希帆・小桜ほのか・遥斗勇帆・七星美妃・天彩峰里・極美慎

価格: ¥10,800 発売日:2016年4月25日

f:id:seiko_sakuragi:20160423190900j:plain

 

■DVD 星組梅田芸術劇場公演『LOVE & DREAM』

主な出演者
星組】北翔海莉・妃海風・十輝いりす・七海ひろき・美稀千種

価格: ¥8,640 発売日:2016年4月15日

f:id:seiko_sakuragi:20160423190824j:plain

 

■DVD Special DVD-BOX KAIRI HOKUSHO

主な出演者
星組】北翔海莉

価格: ¥12,960 発売日:2016年4月4日

f:id:seiko_sakuragi:20160423190251j:plain

※画像の肖像権、著作権は、阪急電鉄宝塚歌劇団、株式会社宝塚クリエイティブアーツに帰属いたします。
※画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止いたします。
※All About「宝塚ファン」は、画像使用に関して、発売元の株式会社宝塚クリエイティブアーツの許可を取っております。

 

宝塚のヒット作はファンが作る

現在Twitterでこのようなアンケートをしています。

 

――「宝塚にしたらいいかも!」と思う漫画やアニメのタイトル(作者も)を教えて下さい。記事の参考にさせて頂きます。いくつでもOK。理由や妄想配役、嬉しいです。フォロー外や宝塚ファンでない方も大歓迎。締切は3/25。よろしくお願いします!――

 

さすが宝塚ファンの皆様。面白い作品を教えていただいています。

そう。あの「ベルサイユのばら」だって、あるファンの方の「これは宝塚歌劇に合う!」という推薦から誕生したもの。宝塚に何が合うか、今の○組に、トップ○○さんに何が合うかは、宝塚をこよなく愛するファンの方々が一番よくわかっているということね。

 

それを再確認したのが…

2005年、2007年に、「アナタのもう一度見たい作品は何ですか?」というアンケートを行いました。応募数の多かった上位10作品の内、2005年からは7作品が、2007年からは8作品が、その後、再演されました。もちろん10位以下からも何作も。

再演希望の多い作品は!【2005年版】 [宝塚ファン] All About

再演希望の多い作品は!【2007年版】 [宝塚ファン] All About

 

また2011年の「アナタの、コレが宝塚で観てみたい!」というアンケートで送っていただいた中からは「銀河英雄伝説」「ルパン三世」が宝塚化! 「ローマの休日」ももうすぐ上演。

驚いたのが「るろうに剣心追憶編。剣心を早霧さんで…」という声も。この方、預言者だわ…。嬉しかったでしょう。

コレも宝塚歌劇! コレを宝塚で観たい! [宝塚ファン] All About

 

つまるところ、ファンの「見たいわぁ~!」は、劇団の「今、コレ、やるべき」に近いのでしょうね。

 

というわけで!「宝塚にしたらいいかも!」と思う漫画やアニメ、Twitterに送って下さいませ。リプでもDMでもどちらでも。締切は3/25。よろしくお願いします!

桜木星子 (@seiko_sakuragi) | Twitter

SMAPがSMAPでいる意味

固唾を飲むって、まさにこのことなのね…。正座して、あんなにドキドキしてテレビを見るなんて。東日本大震災の際でさえ踏ん張ってくれたTwitterが落ちるなんて。

SMAP×SMAP」での5人のメッセージを聞き、もやもやは残るものの、一安心。
一番聞きたかった「解散はしない」という言葉はなかったけれど、思えば、メンバーからも事務所からも、これまでに「解散」というキーワードは出していないはず。マスコミをはじめ私達が煽りすぎたのかも。それほどみんな、不安だったからね。
解せないのは…SMAPのメンバーだけが起こした問題ではなく、元社員や、それを管理できなかった会社こそに大きな責任があると思うのに。本来なら、内部で解決するべきなのに。彼らの、おそらく本当に伝えたかった言葉ではないメッセージと、暗くて厳しい顔を見ているのがなんとも辛かった…。

いつかは退団して、その座を譲らなければならない宝塚のトップスターとは違い、終わり方に選択肢のあるアイドル。40代になっても国民的アイドルと呼ばれるSMAPがどう歩んでいくか……。それを永遠に見たいと思っている人はほとんど。彼らがどんどん年を重ね、たとえドームコンサートができなくなっても、白髪が増えてきても、多少お腹が出てきても、SMAPSMAPでいてくれる…それだけでいい。生き様を見せられる、そんなことができるのは、SMAPしかいない。
また彼らの歩み方により、その下にいる多くのグループの歩み方も変わる。嵐ファンの娘2(高2の二女です)も、「SMAPは、ずっと5人でグループでアイドルでいて欲しい」と言う。嵐もそんな風になって欲しいから。

私達はほっとしたけれど、5人はまた違う意味で大変な日々になるのだろうなぁ…。本心から彼らが笑えて、やりたいことができるようになるのは、きっとまだまだ先なのかもしれない。
嵐の15周年の特番で、リーダーの大野君が「やめようと思っていた時期があった。でも、やめなくて本当によかった」と大泣きしながら語ったように、また5人で有馬温泉に行って、浴衣着て、お酒飲みながら「あの時、分裂とか解散なんてしなくてよかった…」と語り、泣きながら「ベスト・フレンド」を歌う日が早く来ますように。それが見たいな。

うちの娘1(大学1年生の長女)の名前は、あるメンバーの主演ドラマのヒロインから名づけた。その娘1は、来年成人式を迎える。時が経つのは早い。
そして、SMAPが走り続け今年は25周年。コンサート、どうかお願します! チケットが当たりますように!!!

広告を非表示にする

NHK木曜時代劇「ちかえもん」

NHK木曜時代劇「ちかえもん」が14日20:00から放送されます。主演は、謎の渡世人・万吉を演じる青木崇高さんと、近松門左衛門を演じる松尾スズキさんです。
日本の名高い脚本家、近松門左衛門が、名作「曽根崎心中」を生み出す…。と言えばカッコイイですが、これは喜劇。「そんな、あほなぁ~」な場面や台詞もたくさんあり、楽しい時代劇となっています。これに父(文楽三味線弾き・竹澤團七と申します)が関わることになりました。

www.nhk.or.jp

まずは、人形浄瑠璃のシーンの作曲。
現在でも文楽や歌舞伎で近松門左衛門の作品を上演していますが、その脚本は、近松の原作そのままではありません。近松の原作は難しいため、わかりやすくリメイクされているのです。ところが今回は、当時を描くわけだから、原作そのままをやることに。よって、原作に合わせた曲を新たに作る必要があったわけです。コメディなのに、そうしたところは徹底する。さすがNHKさんです。

次に、竹本義太夫を演じる北村有起哉さんへの浄瑠璃の指導。
口パクという手も考えられますが、北村さんがご自身で語りたいとおっしゃったそうで。素晴らしい!
思えば北村有起哉さん、お忙しかったはず。年末には二宮和也さん主演「赤めだか」、新年には東山紀之さん主演「信長燃ゆ」、そしてもうすぐ始まる、亀梨和也さん主演「怪盗 山猫」のレギュラー(すごいジャニーズ率!)と引っ張りだこ。なのに、ほんの数カ月の稽古とは思えない上達に、父もいたく感心しておりました。真面目で謙虚でおだやかで、とても素敵な方です。 

最後に、三味線弾きの祖、竹澤権右エ門役で出演。北村有起哉さんの横で三味線を弾くだけですが、80歳にドラマデビューさせるNHKさんには、びっくりぽんです。
「これは我が家の一大事だ!」と、京都太秦の松竹撮影所を訪れ、撮影現場を見させていただきました。残念だったのは、父のちょんまげ姿に笑えなかったこと。違和感がない…。全くない…。日に日に淋しくなる後頭部がいい塩梅に隠れ、なんなら普段の舞台も、それで出て欲しいくらいです。
ポスターにも載せてもらい、制作記者会見にも出席するなど(誰よりも長く、主演よりも長くしゃべっていました…)、まだ残りの作曲や撮影も含め、楽しくお仕事させていただいております。

痛快娯楽時代劇「ちかえもん」(全8回)、どうぞご贔屓に。

さて、ご挨拶が遅くなりましたが…
本年もAll About「宝塚ファン」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

伏見稲荷大社~京都ってまぁ~

世界の人気観光都市ランキング1位は京都。京都に住んでいる者としては「えっ…?」「もっとイイとこある…」なんて思ってしまいます。
ま、えてしてそんなもんでしょう。有名な寺社も街並みも自然も食も、常のモノ。「ワタシって、京都に住んでいるの~」なんていう特別感はありません。だから、1位と聞いても「へぇ~」ってな感じ。

そして、その京都の中での一番の人気スポットが、伏見稲荷大社。通称、お稲荷さん。これには驚いた。金閣寺でも清水寺でも嵐山でもなく、お稲荷さんとは。

お稲荷さんと言えば……。そうだ。参道に、すずめの丸焼きのお店があります。子供の頃、それが信じられなくてね…。だって、スズメ。舌を切っただけで、お婆さんはひどい目にあうわけよ。それをだ、焼いて食うとは…。子供の頃の可愛らしい私には、トラウマ級の事実でした。はい、余談。

お稲荷さんに初めて行ったのは、意外にも大人になってからの初詣。指折りの初詣の神社。もう歩けません。とくれば…そりゃ凄いって、お賽銭。お賽銭箱の前まで進めない人は、遠くからお賽銭を投げるわけです。そこで私は考えた。「フード付きのコートを着ていれば、お賽銭箱まで届かない小銭が、私のフードの中にINするかも?」と思って……、いえ、そんなことはしませんでした。あっ…余談2。

そんなわけで稲荷大社。その人気はもちろん千本鳥居です。初めてそれを目にし、そして通った時、感動しました。朱色の鳥居、鳥居、鳥居…と、まさに朱色のトンネル。神秘的で幻想的。ここだけ流れる空気が違うかのよう。「こういうのを、パワースポットというのかな」と、そういうものを信じない私でさえ思いました。

そして昨年、久しぶりに訪れました。はぁ……驚いた。鳥居、鳥居、自撮り棒、鳥居、自撮り棒、鳥居、鳥居、自撮り棒……。細い参道が、休日の竹下通り並の混雑。皆さん楽しげに話しながら笑いながら写真撮影。神秘的とか幻想的という雰囲気はほぼなし。これが人気の証ということなのね。

千本鳥居を抜けると奥の院があり、そこから引き返す人がほとんどでしょう。でも、その先に社がいくつもあり、鳥居もずら~~っとあるわけです。だいたいここは稲荷山。「えぇ~?まだなの~?」というほどぐんぐん登り、「明日、間違いなく、膝ガクガクだわ…」と降りてくる。ヘタレの私にとっては、ちょっとした登山。ヒールじゃ無理。ふぅ~。でも、病気平癒の社がいくつもあり、風情のある茶店もいくつもあり、京都の街を見渡すこともできます。

上に行けば行くほど、神秘的かつ幻想的な伏見稲荷大社。静寂の中、白い狐に出会えそうな風景です。