読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜木星子の…タワゴト

All about「宝塚ファン」ガイド・桜木星子のブログです

本年もAll about「宝塚ファン」共々よろしくお願いいたします

2015年になり、もう10日余り経ちました。
今頃ですが…新年明けましておめでとうございます。
本年もAll about「宝塚ファン」共々よろしくお願いいたします。

 

2015年は「元旦から風邪でダウン…ちぇっ!」で始まりました。
しんどいからと言っても、お正月。家族はみんな家に……いるし…
ずっと寝ているわけにもいかないし…

京都市内、約60年ぶりの大雪にドキドキワクワクし…
雪を被った大文字山世界遺産の各寺社、嵯峨野辺り、煉瓦造りの同志社の校舎など、車から見える美しい景色にうっとりし…
一枚として写真を撮っていない自分にがっかりし…

やがて口内炎が舌の左側面にでき、やがて舌の真上にでき…。
わかっているはずなのに、何度もみかんを口に入れて悲鳴をあげ…

 

そして仕事が始まり、同時に遠戚に不幸があり…
バタバタしているうち、8日の朝、受験生の娘1がノロウィルスらしきものでダウン。
あまりにも軽症だったので「本当にノロかぁ?」という状況でしたが、センターまで10日足らず。
おまけに、娘2が14日から修学旅行。私のピリピリ感ときたら! 
今のところ家族は元気、娘1も元気。でも油断は禁物。
娘2がこのまま元気に旅立ってくれることを祈るばかりです。

 

8日と9日と学校を欠席した娘1。
これで、8年近く更新し続けた皆勤賞が途絶えました。
小4の3月にインフルエンザになり欠席して以来、毎年皆勤賞。
高校卒業まであともう少しだったのに。惜しかったなぁ…

私の子供の頃は、皆勤賞だと終業式で賞状が貰えたり、先生に誉めてもらえました。
でも昨今は何も。
皆勤賞=頑張ったね!という図式は、もうないようです。

誰も誉めてくれなくても、母は誉めます。
たとえ体は元気でも、授業嫌だなぁ…サボりたいなぁ…っていう日もきっとあっただろうに。どんな時も頑張って登校したね。
「あの頃、頑張ったな自分」と、アナタの誇りになることでしょう。

 

「勉強は別に好きじゃない。だけど学校や先生や友達は大好き」という娘1の将来の夢は心理職。
もしそれが叶い、彼女がスクールカウンセラーにでもなり「学校ってさぁ~楽しいところだよ~」と生徒たちと話す姿は想像できます。

叶えるための大学受験なのですが、これがヤバい。謙遜とかなくヤバい。
「どうしても○○大学か△△大学の心理学部!」という目標があり、「そこが無理だったら浪人させてくれ…」「行きたくない大学で学ぶのは辛い」「長い人生のたった一年間、浪人したって無駄じゃない」などと言いだし…。
よって本人も家族も浪人覚悟です。浪人した場合の費用(頭、痛い…)まで計算済み。

でも……奇跡を起こせっ!