読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜木星子の…タワゴト

All about「宝塚ファン」ガイド・桜木星子のブログです

浅田真央ちゃんの復帰が嬉しい2枚の写真

私はバックの中に、1枚の新聞記事の切り抜きを入れてあります。
浅田真央ちゃんのソチ五輪フリーの切り抜き。
演技のラスト、ブルーの衣装で、上を向いて涙をこらえている写真。
ショートで16位だった真央ちゃんが、フリーですべてのジャンプを完成させ、自分を出し切った姿。
これを見ると、どんなことも頑張れそうな気がして。お守りのような切り抜きです。

真央ちゃんの復帰、嬉しいですね~
休養発表の頃は「うん。休んでいいよ。もう充分頑張ったんだから」なんて思ったけれど、試合の場に真央ちゃんの姿がないと淋しい。
やっぱり真央ちゃん、まだまだ観たいです。

もう1枚、お守りの写真があります。
昨年の暮れ、父から驚きのメールが届きました。真央ちゃんとツーショットの写真。
写真嫌いの父が、孫と撮るよりも嬉しそうな満面の笑みでした。
話を聞くと、ある席で真央ちゃんとご一緒し、撮っていただいたのだそうで。
真央ちゃんは、可愛らしくも上品な和服姿でした(帯にサンタクロースの模様!)。

その席とは、休養中に真央ちゃんが始めたお稽古事に関する席。
そのお稽古を知り驚き。スケートとは程遠いようで、だけどスケートにも必ずプラスになるものでした。
もっと驚いたのは、真央ちゃん、そのお稽古の先生を自分で探したということ。真央ちゃんクラスの人なら「私、○○やってみたいなぁ~」と言えば、周りがセッティングするでしょうに。なのに真央ちゃん、ネットで調べて、自分で門をたたいたそうで。
そのフットワークと、奢りのなさに感心しました。

他にも真央ちゃん、これまで出来なかったこと、やってみたかったことを貪欲にやったことでしょうね。
初めのうちは、それはそれで楽しいのだけれど、きっと物足りなさを感じ、寂しさも感じ…。求めているもの、1番やりたいものがわかり…。
だからこその「100%復帰したい!」という結果。
真央ちゃんが自分で感じ選び、笑顔で発表した復帰ニュースを、本当にうれしく思います。

 

宝塚の生徒も退団したら、まずは一休みし、「これまで出来なかったこと、やってみたかったこと」をアレコレやり始めます。
先日退団した伝説のトップスター、柚希礼音さんも、きっとそうかな。

 

allabout.co.jp